ダイエット 運動

ダイエットのためだけでなく、
健康のためや趣味として
運動をする人が増えてきましたね。

ジョギングやランニングをする人が
増えてきている事からも、
それがうかがえます^^

でも、運動することのデメリットはないの?
また、注意点は?

と、疑問に思うこともあるでしょう。
てか、わたしも思った(笑)

なので、運動を行う上での注意点を
取り上げてみることにします!

運動する時間帯

会社員をしている方は、
仕事後の夜に運動をしようと考えたり、
したりするかもしれません。

しかし、最適な時間帯は?
実は「朝」です。

朝起きてから徐々に血糖値が上がり始めるので、
10時くらいがとてもいい時間帯なのですが、
会社員の方や学生の方、
主婦の方もなかなか朝の10時って、
時間とれないものですよね。

てか不可能です。

じゃあ、夜?
ということになりますが、夜なら
夕食後30分後くらいからがいいでしょう。

(糖尿病の人が食後の運動をすると
高血糖を引き起こす危険があるので、
お医者さんに相談してください)

また、夕方、仕事帰りにジムに行って
運動をするという人もいると思いますが、
それによって夕食が遅くなると?

睡眠の質が悪くなるので、
早めに食事を済ませてから
運動するようにするといいでしょう。

ただ、運動は交感神経の刺激につながるので、
副交感神経が優位になる夜の時間帯は
本来運動に適した時間帯ではないんです。

なので、できれば夜は1日の疲れをとる意味でも
マッサージやストレッチ程度にとどめ、
朝早く起きて運動するようにしたほうがいいようで。

なかなか難しいんですけどね~(^_^;)

ハードな運動は無理にしない

激しいスポーツを継続して取り組むと、
心機能がかえって悪化すると言われています。
また、プロスポーツ選手の寿命って、
概して短いとも。

心臓以外にも体に悪影響を及ぼす
おそれがありますので、
ダイエットどころではなくなってしまうので
過度な運動は控えましょう。

日頃から激しい運動をしているなら話は別ですけどね。

体調が悪いときは運動しない

風邪をひいているときなど、
しないとは思いますが症状が悪化する危険性があるので、
運動は止めてください。
おとなしく寝てなさい(笑)

まぁ、やらないとは思いますけどね・・・

ケガ

運動をすることで怖いのが、
ケガです。怪我。

わたしも学生時代は運動系の部活を
していたので、よく捻挫したものです。
痛いんだよね~

あと、野球などであれば打撲、
ひじや肩に怪我をしたり、
サッカーなんかだと膝ですね。

プロスポーツ選手ですら
怪我をするわけですから、要注意なわけで。

運動をする際は、しっかり
準備運動をするよう言われていますよね?
怪我を予防するためには、
準備運動が欠かせません。

必ずやるようにしましょう。

また、運動後もストレッチなどをして
筋肉をほぐしてあげることも重要です。

※ジョギングなどをした場合は、
いきなり止めるのではなく、
しばらく歩くなどして徐々にに終わるようにしたほうがいいです
(クールダウンってやつですね)。

ちなみに、どうせストレッチをするなら
ダイエットにもつながる
ストレッチをしましょう( ̄ー ̄+キラーン

体が硬い人ほどやせるストレッチ
体が硬い人ほどやせるストレッチ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ